手作り指輪情報局 についての記事一覧- ページ 2 / 3 - 女性の手作り指輪情報局

HOME » 手作り指輪情報局

手作り指輪情報局

結婚指輪を選ぶポイント

結婚指輪はふたりで決める

結婚指輪はフィアンセとなる女性が大きな憧れを持っていることも多いため、どうしても女性主導で決めることが多くなりますが、男性も結婚して夫婦になるのですから一緒に参加しなければなりません。
結婚指輪は結婚を誓い合う特別なものですから、女性だけでなく男性にもしっかりと頭を悩ませてもらって、ともに選ぶようにしてください。
ふたりで決めることによって、その事実はより絆を深めてくれるはずですし、今後結婚生活を続けていくうえで良い影響を与えてくれるかもしれません。
それでは結婚指輪を選ぶときのポイントをいくつか紹介していきますので、これから結婚指輪を選びはじめるというカップルは参考にしてください。
≫ 『結婚指輪を選ぶポイント』

結婚指輪購入口コミ「ダイアのおかげで存在感抜群!」

1. 性別

男性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

1

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください。(お二人それぞれの価格)

妻21万円、夫19万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください。(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

結婚指輪は憧れのカルティエで!という訳で、他のブランドの指輪は比較検討もせずに、カルティエの銀座通りにある店舗へ。

常に指輪を身に付けていたかったので、勤務時間中であっても気にならないような、とにかくシンプルなデザインのものを選択しました。

妻の指輪には小さいながらもダイアが装飾されているものにしましたが、8号という小さな指輪であってもダイアのおかげで存在感抜群!

お互いが第一印象で惹かれていたデザインであったため、即決しました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「ダイアのおかげで存在感抜群!」』

結婚指輪にユニークを加える

オーソドックスな結婚指輪

結婚指輪のデザインには色んなものがありますが、中でも最もオーソドックスなデザインは「ストレート」です。ストレートのデザインはシンプルを極めたもので、プライベートだけでなくビジネスの場でも使うことができます。
また結婚指輪の幅を変えることで、雰囲気を変えることができます。一般的には2.5mmとなっていますが、2.0mmと細くすればエレガントに・3.0mmと太くすればゴージャスにすることも可能です。シンプルな結婚指輪は飽きが来ないからと、人気も非常に高いです。
≫ 『結婚指輪にユニークを加える』

結婚指輪購入口コミ「長期目線で選ばれることをオススメ」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚2年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください。(お二人それぞれの価格)

嫁 108,000円 旦那 135,000円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください。(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

結婚指輪は〈カルティエ〉の〈1895 WEDDING BAND〉のプラチナです。

まず、素材はそもそも選ぶ基準として、金属アレルギーを持っているためシルバーなどは候補から外し、なおかつ家事などで洗い物など水仕事を考慮してプラチナを選びました。

デザインは今後お互い年齢を重ね、趣味嗜好が変化した場合にも飽きがこず、さらにはある程度の年齢になったとき結婚指輪としてだけでなくファッションの一部として恥ずかしくないブランドのもので、柄やストーンなどの装飾のないシンプルなものを選びました。

値段はある程度高額でも、いつでもブランドの店舗に持ち込めばメンテナンスをしてくれるので大事に長く一緒にこれからの人生を歩めればいいなという願いも込めて購入しました。
≫ 『結婚指輪購入口コミ「長期目線で選ばれることをオススメ」』

女性におすすめの手作り指輪

指輪はアクセサリーの中でもとても身近なものであり、女性なら誰もが必ず持っているものです。
購入するときは基本的にブランドショップやジュエリーショップへ行く女性がほとんどだと思いますが、近年より手作り感を求めて専門のアトリエで手作り指輪を作る女性も増えているそうです。

ブランドショップやジュエリーショップで販売されているものも熟練の技術を持ったプロの職人スタッフが手掛けた手作り指輪ですが、店舗に並んでいるものを買うだけなので買い手としてはいまいち手作り感が感じられません。
また、既製品はいろいろなところに売っているので人と同じものを買ってしまう可能性が高く、オリジナリティを求める女性にとっては不満を感じていたという声も聞かれます。
そういった女性たちにおすすめされているのが専門のアトリエで手作り指輪を作ることで、これは自分も作業に参加して作るので出来上がったときには大きな満足感がありますし手作り感という意味では非常に大きなものがあります。

とは言っても、いきなり作業に参加してクオリティの高い手作り指輪を作れるわけではありませんから、アトリエには必ずプロの職人スタッフがおり、その人たちがしっかりサポートしてくれます。
特に仕上がりに影響する大切な工程は職人スタッフが担当するので、失敗のリスクはありません。

チャレンジしてみたい人はまずどこのアトリエがおすすめなのかを調べるのがポイントで、人気のあるアトリエは素材や石のバリエーションも豊富なので、いろいろなデザイン・加工法ができますし、職人スタッフの技術も高いです。
まずはおすすめのアトリエのホームページをいくつかチェックしてみて、どのような流れで進めていくのか、どのような指輪を作ったのかなど知りたいことを調べてみましょう。
分からないことがあれば、ホームページに記載されている電話番号やメールアドレスから問い合わせてみて、疑問を解消してから申し込みしてください。

手作り指輪を工房で作ろう

20代30代の若い女性はオリジナリティを追求したいという欲求が強く、流行にも敏感ですが、今そういった女性の間で手作り指輪が注目されているそうです。
手作り指輪とは厳密に言えばすべての指輪が当てはまり、高級ブランドショップやジュエリーショップで販売されている既製品やオーダーメイド品も職人が手掛けているので手作り指輪になります。
しかし今回紹介するのはそういった類のものではなく、専門の工房で自分も作業に参加して作る手作り指輪です。

専門の工房を利用して手作り指輪を作るときの流れですが、まずは素材や石はどんなものを使うのか、そしてデザインや加工法はどうするのかを決めます。
どんな素材や石が使えるかは工房によって違いますので、自分がどんな指輪を作りたいのかあらかじめ決めておくとスムーズに打ち合わせができます。
素材は金やプラチナなども使えますし、石もダイヤモンドやルビーなどを使えるところも多いので、本格的な指輪を作ることができます。

打ち合わせが終わったらいよいよ作業工程に入りますが、工房に入ったらすべての作業を自分でこなすわけではなく、熟練の技術を持ったプロの職人スタッフが一緒にやってくれます。
また仕上がりに影響する工程は職人スタッフが担当しますので、失敗のリスクは低いですし、初めての人や手先が不器用な人でも安心してチャレンジできます。

また、値段も高級ブランドショップやジュエリーショップで既製品を購入するより安く、平均でも10万円程度あれば長く使えるクオリティの高い手作り指輪を作れます。
さらに自分が作業に参加したことによって満足感もありますし、工房での手作りはいろいろなメリットがあるのです。

最近では結婚指輪を工房で作る人も多いそうですから、これから結婚を控えている女性はパートナーと一緒にチャレンジしてみてはどうでしょうか?
出来上がりまで1か月から2か月程度かかる場合もありますので、予約は早めにしておくことをおすすめします。

手作り指輪の予算

ファッション雑誌やファッションサイトをチェックしていると、いろいろなアクセサリーが掲載されていますが、今20代30代の若い世代を中心に手作り指輪を作る人が増えているそうです。
手作り指輪と聞くと、安っぽいものをイメージする人もいるかもしれませんが、専門のアトリエで作る手作り指輪は高級ブランドショップの既製品にも負けないくらいのクオリティで、評判の良いアトリエは予約待ち状態になっています。

自分で手作りするならオーダーメイドでもいいのでは?と思うかもしれませんが、オーダーメイドの場合はどのような指輪にするかを決めることはできても、実際に作業工程に参加することはできません。
専門のアトリエを利用している人の多くは自分で作業に参加することに意義を感じており、より手作り感のある指輪を作りたいと思っています。

素材も金やプラチナといった本格的なものを使えますし、石もダイヤモンドやルビーなどをつけて高級感ある指輪に仕上げられます。
そして作業は自分だけで行うわけではなく、熟練の技術を持ったプロの職人スタッフが一緒にやってくれますし、仕上がりに影響する部分は職人スタッフが担当しますので失敗のリスクがありません。

さらに専門のアトリエを利用するとブランドショップやジュエリーショップで購入するより安いので予算を抑えることができます。
予算は安ければ3万円程度のものからありますし、10万円程度あればかなり本格的な手作り指輪を作ることができます。
加工法によっては出来上がりまで1か月から2か月程度かかることもありますから、結婚指輪や贈り物にしたい場合はできるだけ早い段階で予約をしておいたほうがいいでしょう。

このように少ない予算でも本格的な手作り指輪が作れるところが大きなメリットで、しかも自分で作ったという満足感も得られますから注目されているのも頷けます。
チャレンジしてみたいという方はまずアトリエ探しからやってみるといいでしょう。

贈り物に最適な指輪

誕生日やお祝い事など特別な日に指輪を贈り物として考えている方も多いと思いますが、指輪を贈り物にするときにはどのようなことを意識して選べばいいのでしょうか?
指輪は女性にとって日常的に身に付ける機会があるとても身近なアクセサリーですから、いくつかあっても困るものではありません。
しかしだからと言って何でも良いというわけではないでしょうし、好みに合わないものを貰っても嬉しくないと思います。

そこでまずポイントになるのがその人のイメージに合った指輪を選んでいるか?という点で、これはいつもどんなファッションをしているのか、どんなアクセサリーをつけているのかに注目してみるといいでしょう。
たとえば女性らしいフェミニンなスタイルが多い人に対してクールなデザインの指輪は合わないですし、その逆も然りです。

既製品を購入する場合はいろいろなブランドがありますので、ブランドショップやジュエリーショップをいくつか回ってみるのもいいかもしれませんが、そのときにすでにどんな指輪を買おうと思っているかイメージできていなければなりません。
また、指輪のサイズを把握しておかないとせっかく気に入ってもらえてもつけることができませんので、その点は最初の段階で確認しておきましょう。

ただ必ずしもすべての人が同じようなファッションをしているわけではありませんし、いろいろなスタイルをするのが好きだという人もいます。
そういった人に贈り物をするときは好みが分かりづらい分、余計に悩むと思いますが、そんなときはシンプルなものを選ぶのが一番です。

特に指輪の場合はワンポイントのアクセサリーですが、デザインによっては結構目立つものもあり、そういった指輪は好みが分かれやすいです。
シンプルなデザインならカジュアルなスタイルでもフェミニンなスタイルでもクールなスタイルでも合わせやすいですし、ひとつ持っておけば使い回しができるのでとても便利だと思います。

指輪を自分で作る

最近、若い女性を中心に指輪を自分で作るのが流行っているそうですが、どのようにして作るのでしょうか?
指輪は女性にとって身近なアクセサリーのひとつですしチャレンジしてみたいという人も多いと思います。
指輪を自分で作ると聞くと観光地などで体験できるアクセサリー作りがイメージされますが、今女性の間で流行っているのはそういったものではなく、専門のアトリエに行って本格的な指輪を自分で作ることです。

専門のアトリエでは、何を素材にしてどんな石を使うのか、またデザインや加工法はどうするのかなど細かい部分まで打ち合わせをした後で作業にはいります。
作業には自分も参加しますが、すべての工程を手掛けるわけではありません。
アトリエには熟練の技術を持ったプロの職人スタッフがいますので、仕上がりに影響する部分はその人たちが行いますし、難しいところがあればしっかりサポートしてくれるので失敗するリスクがないのです。

やり方はオーダーメイドに近いのですが、オーダーメイドの場合はどのような指輪にするかは自分で決められますが、実際に作業工程は職人がすべて担当しますので、自分で作るという感覚は薄いです。
したがってオーダーメイドの良いところをうまく組み合わせたところが大きな魅力なのです。

また、女性に人気の理由としてもうひとつあげられるのが「コストが安い」という点で、高級ブランドショップやジュエリーショップで既製品を購入するより半分程度の値段になります。
さらに今はツイッターやインスタグラムなどで積極的に自分のファッションを発信する場所があって、よりオリジナリティを追求する傾向にありますから、そういった意識の強い女性からの支持がとても高いです。

もともと女性はファッションにも敏感な人が多いですし、オリジナルの指輪が安く自分で作れるとなれば流行るのも当然と言えるでしょう。
自分で作ることにチャレンジしてみたいという女性はまずアトリエのホームページなどを参考にしてください。

金属アレルギーについて

女性にとって指輪は日常的に身に付けることが多いアクセサリーであり、普段使いのものだけでなくパーティなど特別な場所へいくときに身に付けるものもあれば婚約指輪や結婚指輪など何かと縁があります。
しかし中には金属アレルギーに悩まされている女性もけっこういて、そんな人は指輪選びにもひと苦労するのではないでしょうか?

金属アレルギーは最初は身に付けてすぐは症状がでないことがほとんどですが、時間が経ってから徐々に出てくることが多く、指輪をつけていた部分だけが痒くなったり湿疹になったりします。
一度症状が出ると治るまで待たなければいけませんし、場合によっては皮膚科での治療が必要になる場合があります。
そんな金属アレルギー持ちの女性はまず指輪の素材について把握しておく必要があります。

まず金属アレルギーはどのようにして起こるのかと言うと、簡単に言えば汗などで金属が溶け出したことにより生み出される金属イオンが肌に反応してしまい、アレルギー反応が出ます。
これはすべての人が起こるわけではありませんが、金属イオンに敏感に反応してしまう体質の人はほんの数分身につけていただけでも症状が出る場合があります。

ですから金属が溶けにくい素材を使った指輪を身に付けることが重要で、これはチタンやレアメタルといった素材を使っているものが該当します。
分かりやすく言えば金やプラチナを素材にしているもので、これらは汗などでも金属が溶けにくい素材ですから金属アレルギーを起こしにくく、金属アレルギー持ちの人にもおすすめされています。
ただしメッキだとメッキが剥がれた部分から溶け出す可能性がありますので、必ず純度の高いものにしてください。

またシルバーを素材にした指輪も多いですが、こちらは溶けやすい素材になっているためあまりおすすめできません。
金属アレルギーに悩まされている女性はまずどんな素材なら大丈夫なのかを調べてみたり、皮膚科でパッチテストをしてみるといいでしょう。